次世代へつなぐ時計宝石ライフ

2018.8.30
ルアーフィッシング

鹿児島 錦江湾ショアカンパチ

おはようございます。
昨日は休日でございましたので本日はルアーフィッシングネタ。

さてネイゴ実績。

カンパチクラスは未だなし・・・

[桜島]
7月25日(水)中潮:満潮AM5:11(潮位242)何も無し

8月1日(水)中潮:満潮AM9:22(潮位261)ナブラありのネイゴ35cm / 2本

8月8日(水)中潮:満潮AM3:42(潮位243)ベタ凪  37~38cm / 3本

8月16日(木)中潮:満潮AM10:16(潮位262)向かい風  41cm / 1本

普通カンパチと呼ばれるサイズは80cmオーバー・・・

私の中ではサイズダウンして60cmオーバーがカンパチ。

それ以下はネイゴ・・・あまくてすみません。

カンパチといえば暴力的なファイトが魅力で食べても非常に美味しい。

錦江湾はカルデラですので水深は一番深いところで200m台?

足元からドン深でベイトも豊富・・・黒潮の影響もわりと受け1年中、青物が回遊している魅力的なフィールド。

もうじき待望のハガツオも回遊すればアングラーにとってかなり魅力的な地域ではないでしょうか。

素晴らしいこの環境をいつまでも大切にしたいものですね。

さて、今年2018年は久しぶりの台風の当たり年。
霧島から姶良カルデラ、桜島、阿多カルデラ、喜界カルデラとマグマがかなり溜まっているのでしょう。

昨日も元気に噴火しておりました。

自然の力(雨、風、台風)で浄化しているのでしょうか?

またもや21号が発生。

そんな錦江湾のショアカンパチ!

このような岩場(地磯)から、プラグやジグをフルキャストしてカンパチを狙う。

ネイゴクラスはどうって事ないですが、やはりカンパチクラスとなるとかなり暴力的なパワーを見せつけられ、ドラグなんか引き出されたら即、根に潜られラインブレイク。

昨年は嫌と言うほど体験させられ1本も取ることが出来ませんでした。

やはりショアスロー用ライトタックルでは無理!
(足場の良い堤防ならいけると思います)

今年こそはなんとか取りたいものですね~

本日もまだこちらのタックルで勝負!

これでやられたら、もう一ランク上のタックルで挑みます。

ロッド : ShoreGun EVOLV 【BLUERUNNER】 103H+
リール : SIMANO 6000HG
ライン : PE2.0号 / リーダー50lb

ここは根がかなりきついのでドラグはフルロック!

メインラインが2.5号から飛距離を稼ぎたいのでPE2.0号にダウン!
まあ~おそらくカンパチクラスがヒットしたら、このポイントはラインブレイクの可能性「大」

まあヒットしたらですから・・・今回は家族より華イカ調達指令が出ましたので、最悪でも華イカは確保しなければならん。

まだ真っ暗闇ですので、とりあえず華イカ狙い・・・

エギは3.0号。

2.5号は投げません・・・

反応ございません・・・

おっと専務はまさかの 「蛸」

ようやく空が白みだして本日の風は南東で微風。

満潮は AM8:32 (潮位289)ですので、上げ潮で期待は「大」

これはネイゴは釣れるでしょう・・・

まずはトップで Pop Queen F160 ライムチャートグローでバコバコおびき寄せ・・・

大潮後の中潮の上げで微風なので操作感もバッチリ。

しかし無反応。

かなり潮が流れていないのでいつもの Rapide F-160 投下!

スローに誘ってネイゴ42cm・・・またネイゴ。

かなり厳しい雰囲気が続いた10投目程に明らかに今までのネイゴとは違うバイトで鬼フッキング!

しか~し・・・ラインの継ぎ目からラインブレイクでラピード持ってかれ・・・

続いて、初投入の PUMPKING ! 30g・・・30gなのに期待以上の飛距離とパフォーマンス。

しか~し、「はい」これも持ってかれ・・・PE2号にサイズダウンしたのが失敗か?焦ってノット組んでしまったのか?

冷静さを失っていた可能性「大」

しかし・・・・やられた・・・ブラグ2本は か・な・り 痛い

気を取り直し・・・LOADED F-140 投入で

一回後ろからボコっと出たが乗らず、その後チェイスをものにし、鬼フッキングでカンパチにあと13cm足りんネイゴ・・・。

ネイゴ47cm

やはりコヤツよりさっきのはパンチがあった・・・

しか~し・・・プラグ2本は痛い。

その後は反応無くなったのでジグに交換したが何もなし

今回もカンパチは取れず・・・残念。

場所移動後はエギング

チビが3杯で終了・・・

やはりプラグを持ってかれた奴が気になるので次回またリベンジしてきます。

錦江湾ハガツオ状況

8月中旬に例年通り湾口には入って来ており、その後は・・・

鍵は黒潮の北上とベイトとなる子サバの接岸・・・

7月末は近所の海は異様な数のサバが入っておりましたが、一潮で何処かえ・・・今はお留守。

いつのことやら・・・

遂にキャッチ!鹿児島熔岩エリア 激熱!真夏の「ショアカンパチ」

2020年7月追記

ブログ記事はこちら

精光堂鹿児島店
  • 9月5日(水)は店休日となっております。
    ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承くださいませ。