次世代へつなぐ時計宝石ライフ

2019.3.3
BREITLING

時間の加速と腕時計

こんばんは。

さて今年も既に3月に突入。
あっという間に2019年も過ぎ去るのは確実。
人によっては時間の加速を感じ、人によっては時間の加速に全く気づいていない・・・さて、何が起こっているのでしょうか?

時を刻むのは時計で判断出来ますが、体内時計は確かに加速中。
ここ半年くらい前の過去から現在までの時間の加速を意識の高い地点から自身を観測すると驚くほど加速を実感できる。
しかしながら、時計の24時間は変わりなく経過中で、これはどういう関係なのでしょうか

調べてみて良く目にするのは1987年頃から惑星地球の時間は加速中で、これは波動レベルとリンクしていると言われております。

年代記の中のこの特別の期間を、しばしば「ナノセカンド(10億分の1秒)」と言って引き合いに出します。というのは、ある眺望と観点からは、この25年間は、「まばたき」より速く通り過ぎるからです。

エネルギーの加速」とは、地球の波動(周波数レベル)が持続的に上昇することです。それも幾何級数的な上昇なので、「加速」があるわけです。これを上昇させる源泉は、「この時代」に、天の河銀河の中心から(太陽を中継して)送られてくる特別のエネルギーです。

ちなみに私たちが所属する「銀河系(天の川銀河)」の直径が約10万光年と言われており、「3次元を超えた世界では時間は存在しない」と言われてますね。

ちなみに太陽系の位置はこちら。

 

 

・銀河系の構造―太陽系の位置

調べてみますとこのような関係があるようです。
エネルギーと波動との比例的な関係は、地球の科学でもよく知られています(アインシュタイン・プランクの式: E=h・ν, E=エネルギー  h=プランクの定数 ν[ニュー]=周波数)。

地球の波動上昇の効果で最も分かりやすいのは、地球の体温の上昇(つまり温暖化)です。もう一つは、時間の加速です。

時間は、地球の波動レベル(固有周波数)にリンクします。それによって時間の刻みが小さくなるので、従来のペースで物事を行うには足りなくなります。感覚的に物事をとらえる人なら誰でも、時間の加速を感じているはずです。よく、「時間が飛ぶように過ぎていく」という風に表現されます。

良く「年のせいだ・・・」みたいな表現も良く聞きますが、小学生でも時間の加速を感じているので、年のせいで無い事は確実ですね。

ちなみにある方の時間の超加速は昨年11月頃から激しくなり、12月・1月・2月まで加速を感じていましたが、そろそろ「0」地点に近づいております。
もしかしたらこれはDNAも関係している一つかもしれないそうです。
DNAの変容の前にRNA(意識)の拡大が必要との事です。
意識の拡大?

DNAが2条から3条へ進化の段階を上るのかはご本人次第だそうで、時間に関して何かしらの違和感をお持ちの方はこの機会に時間の性質をお調べするのも面白かもです。

この時間の加速の謎を解いてみたいですが・・・

 

さて、本日はシンプルなブライトリングのご紹介。

プレミエ オートマチック 40
Ref : A377C-1WAA ¥440,000+税

1940年代のブライトリングのエレガントな時計を思い起こさせるモデル

ブライトリング プレミエ オートマチック 40は控えめで気品が漂っています。おそらく新作コレクションの他のどの時計よりも1940年代のブライトリングのエレガントな時計を思い起こさせるモデルです。

ステンレススチール製ケースは、機械式自動巻きクロノメータームーブメントのブライトリング・キャリバー 37 を搭載しています。ダイアルにはチャコール、ブルー、シルバーをご用意しました。各色共にヌバックかアリゲーターレザーのストラップ、またはステンレススチール製ブレスレットからお選びいただけます。ホワイトの分目盛りで囲まれてすっきりとしたダイアルは、6 時位置にスモールセコンドサブダイアルを配してエレガントな仕上がりになっています。

気になる方は店頭でご覧くださいませ。

皆様のご来店をお待ちいたしております。


精光堂鹿児島店
  • 3月6日(水)は店休日となっております。
    ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承くださいませ。