腕時計のある生活

2017.3.25

時計の基礎知識

みなさん、こんにちは。いつもマイペースな久保です。この時期は別れもありまた新たな出会いに向けてのスタートが始まる時期ですね。

今日は、お店に置いてあるスイス時計について簡単に説明します。
まずは、お店に入ってすぐにアーミーナイフで有名なヴィクトリノックス。1989年、スイスで創業され、時計ひとつひとつを、その性能といつまでも洗練されたデザインとの完璧なバランスを生みだすようにつくりあげています。ヴィクトリノックスのウォッチは、100回を超える品質管理テストをクリアしており、スイス版のG-SHOCKですね。

アーミーナイフで有名なヴィクトリノックス

次にタグホイヤー。歴史が長く100年以上続くスイスの老舗高級ブランド時計メーカー。はじめて高級時計の1本目のブランドとして手にされた方も多いのではないでしょうか。
比較的に購入しやすい価格帯で、10万円台から設定されており、あらゆるシーンでお使いいただけて種類も豊富。お気に入りの時計が見つかるのではないでしょうか。私が、名前を知ったのは、世界の有名な方がアンバサダーを務めて
から知るようになりました。

タグホイヤーのアンバサダーを務めたアイルトンセナ

タグホイヤーのお隣がブライトリング。タグホイヤーと同様スイス時計の歴史がある高級ブランド時計メーカーですね。プロフェッショナルのための計器と言われ、航空時計やダイバーズ時計のスーパーオーシャンといった機能が充実している一方外装のデザインもこだわったかっこいい時計です。

ブライトリング

最後にゼニス。1865年、ゼニス創設者のジョルジュ・ファーヴル=ジャコ氏はスイスのジュラ山脈山中で星空を眺め、天空の最高点(ゼニス)という名前を自らのムーブメントに付けることとになりました。
確かな精度を誇り、歴史と品質に裏付けられた時計を世に送り出しブランドの名を広く知らしめました。着けてると仕草まで上品な立ち居振る舞いになる時計ですね。

それぞれのブランドを良く理解し、自分に合う時計を見つけて欲しいですね。

ZENITH