腕時計のある生活

2017.3.12

時計の基礎知識

みなさん、こんにちは。最近糖分と友達な久保です。
今日は、日曜日とのこともあり、お店の前も人通りが多かったですね。さすが休日。

早速時計の基礎知識をご一緒に学んでいきましょう。
本日は、ベゼルについて説明していきたいと思います。

ベゼルって何?ってはじめて聞かれる方もいらっしゃるかと思いますが、ガラス部分の縁のところで写真たてで言うと、額縁をイメージしてもらえると分かりやすいかと思います。ベゼルは、見た目のデザインだけではなく、大切な役目をはたしているので、1つずつ捉えていきましょう。

 

まず、ダイバーズ用のベゼルは、マリンスポーツ向けに作られた機能で、ダイビングするときに酸素ボンベの残量時間を計ることが出来ます。逆回転防止機能がついており、ベゼルは反時計回りにしか回りません。

きちんと理由があり、万が一時計が岩にあたって、ベゼルが時計回りに回転したら、酸素ボンベの残量が実際よりも長く表示されれるからです。反対回りに回転しても時間が短い時間で設定されるだけで命に支障はでませんよね。

タグホイヤー アクアレーサー 逆回転機能ベゼル

続いて、タキメーター。
タキメーターの機能は、1㎞の距離を走行したときのタイムを計測することにより、時速や平均速度を知ることのできる機能がついています。

tag heuer carrera タキメーター

最後に航空回転計算尺。
航空回転計算尺とは、飛行時の速度・飛距離・飛行所要時間・燃料消費量など航空計算ができる機能がついており、掛け算・割り算をすぐにできる時計となっています。特に航空ファンに好まれるデザインであまり使う機会は少ないかと思いますが、計器の一部のようでカッコイイですね✈

breitling ナビタイマー 航空回転計算尺