腕時計のある生活

2018.12.12
限定モデル G-SHOCK

神戸市消防局救助隊発足50周年

ラスト1本!!

Ref:GW-B5600FB-4JR
価格:¥28,000+税
救助隊員着用イメージ

“G-SHOCK”から、2018年に発足50周年を迎えた神戸市消防局救助隊とのコラボレーションモデル『GW-B5600FB』が登場。

神戸市消防局の救助隊(レスキュー隊)は、1968年に“消防専任救助隊”の名称で発足して以来、神戸の街・山・海を半世紀にわたり守ってきました。“G-SHOCK”とは過酷な環境下でタフネスを追求し続ける点が共通することから、2015年7月にコラボレーションモデル「GW-9400FBJ」を発売。神戸市消防局とは今回が2回目のタイアップとなります。

今回ご紹介する『GW-B5600FB』は、神戸市消防局の全面協力を得てデザイン。専任救助隊・特別高度救助隊が着用する防火服をイメージし、ベースカラーにはオレンジを、文字板の色埋め部分やバンドのデザイン部分にはネイビーを、バンド裏面には防火服の反射材をイメージしたビビッドなイエローを使用。バンドには救助隊必携のロープのデザイン、裏蓋と遊環には神戸市消防局の消防章を施しました。バックライトの点灯時には、もやい結びとカラビナをモチーフとしたイラストが浮かび上がります。

 

ベースモデルには、コンパクトなスクエアケースにBluetooth®通信機能と標準電波受信機能を搭載した「GW-B5600」を採用。軽量化を図るため、裏蓋や遊環、美錠にはチタンを使用しました。専用アプリケーション“G-SHOCK Connected”との連携により、アラームやタイマーなどの各種時計設定に加え、ワンプッシュでアプリの地図上にその時点の時間と場所のデータを記録し、行動記録を管理することができます。

専用パッケージの外箱には消防車をイメージしたレッドを、内箱にはヘルメットをイメージしたホワイトを採用。神戸市消防局救助隊のイーグル(鷹)のロゴをあしらい、「鋭い目で要救助者を見つけ出し、一度つかんだら決して離さない」という救助隊の姿勢を表現しました。隊員たちの熱い思いとプライドを表現するため、細部に至るまでデザインにこだわったスペシャルモデルです。

※再入荷の予定はございません。
お早めにどうぞ。