腕時計のある生活

2019.1.26
G-SHOCK

銅(あかがね)色

G-SHOCKの最高峰シリーズ「MR-G」から、古より永く愛され続ける銅(あかがね)色が荘厳と輝くモデルの紹介です。
純チタンより高い硬度を誇る64チタンをベゼルの素材へ採用し、さらにチタンカーバイト処理を施すことで、強さとともに凛とした表情を創出。

メタルの強靭さ、美しさを体現した銀(しろがね)色のボディと甲冑や銅細工などの上質感を醸し出す銅(あかがね)色の輝きが、伝統美と呼ぶに相応しい独創の機能美を表現しています。
また、2時位置のボタンや4時位置のボタンリングなどへ採用したブラックDLCなど、細部に至るまでこだわりを注入。さらに、地球上の全エリアで正しい時刻を取得するGPSハイブリッド電波ソーラーを搭載。機能面でもぬかりがありません。

Ref:MRG-G1000DC-1AJR
価格:¥280,000+税

また、パーツ一つ一つの面を職人が手作業で研磨しています。特にケースはG-SHOCKデザイン特有の凹凸があるため、一般的なメタルアナログ時計の数倍の面があり、美しく磨くのに数倍の時間がいるんです。そのため作れる数にも制約があり、どうしても希少なものになってしまいます。
山形カシオで金型制作から製造、組み立てまで一貫で行っている点をみても、いいお値段になるのは、それなりの理由があるんですねー。
こだわりの逸品をぜひご覧下さい。