腕時計のある生活

2020.4.7
G-SHOCK

MR-Gあります

G-SHOCKの最高峰『MR-G』そろってますよ!!

Ref:MRG-G1000B-1A4JR
価格:¥300,000+税

こちらは人気のカラーの「AKAZONAE(赤備え)」。
赤備えとは、武具・装飾を朱塗りに統一した戦国時代の部隊編成のこと。精鋭部隊を率いる武将が、自軍の武勇を誇示するのに用いられたといわれています。日本の美意識と技術力で、強さ、美しさ、精度を追求した一本です。
「深層硬化処理」により、純チタンに比べて4~5倍の硬度を実現。また表面を「DLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)処理」でコーティングを施し、耐傷性に優れています。

MRG-G1000B-1AJR
価格:¥300,000+税

こちらも「DLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)処理」でコーティングを施した人気モデル。
「耐衝撃構造」と「GPSハイブリッド電波ソーラー」の搭載を実現し、世界中のあらゆる場所で正確な時刻表示が可能に。さらに、「クラッドガード構造」により、従来困難であったりゅうずの操作性と耐衝撃性の両立にも成功し、ダウンサイジングを実現。また2都市時刻同時表示機能、高輝度LEDライトの搭載をはじめ機能強化を進めるとともに、ザラツ研磨、無反射コーティングサファイアガラスを採用するなど、細部に至るまで強さと上質にこだわったモデルです。

MR-Gを製造しているのが、先進の開発・生産体制でカシオのものづくりを支えるマザーファクトリー「山形カシオ」。
時計の複雑なデザインを具現化する高度な金型成型技術を有し、アナログ電波ソーラーの信頼性を高める「タフムーブメント」を搭載したモジュールもここで生産されています。
ミクロンオーダーの組み立て、徹底した品質チェックを経て完成度の高い製品が生み出されています。
そんな「山形カシオ」が誇る生産ラインの中でも、「MR-G」、「オシアナス  マンタ」をはじめとするハイエンドモデルの製造・組み立てのために徹底した差別化を図った革新的ラインが「Plemium Production Line(PPL)」です。
限られた技術認定作業メダリストのみ立ち入りを許されたPPLは、高精度のエレクトロニクステクノロジーと匠の技を融合し、インハウスのエンジニアによって設計製作されたカシオオリジナルの製造装置による、人間の目の限界を超えた精密な作業と、匠の技術と感性による手仕事で、妥協にない「絶対品質」を追求しています。

PPLはとにかく丹念!!その品質は名実ともに最高峰であり、真のプレミアム・ブランドと呼ぶに相応しいです!