腕時計のある生活

2022.3.11
G-SHOCK

MRG-B5000D-1JR、明日店頭に並びますよ!

  • twitter

「MR-G」の新作として、初号機のスクエアデザインを取り入れた「MRG-B5000」が明日3月12日に発売されますが、全国的に予約完売してるようです。

明日、精光堂鹿児島店では「MRG-B5000D-1JR」が一本だけ店頭に並びます!!
気になる方はぜひご来店下さい。次回入荷は未定です。

CASIO/MR-G
Ref:MRG-B5000D-1JR
価格:¥396,000(税込)

MRG-B5000は、G-SHOCKの最高峰「MR-G」シリーズにラインナップされるモデルで、初号機でおなじみのスクエアデザインを採用。日本の誇る先端素材と匠の技を駆使した「MR-Gクオリティ」で製品化し、初号機・スクエアデザインの究極のモデルと位置づける。生産は山形カシオで行なわれます。

これまで初号機デザインを“フルメタル”にした製品は、ケースなど主要なパーツを1つの金属パーツで成型していたが、MRG-B5000はベゼル部分だけで25個のパーツに細分化。バンドも表面にあけた丸い穴に別体のピンを埋め込む構造を採用。
各パーツに磨きをかけてから組み上げ、凹部など研磨処理が難しい部分も歪みなく美しく仕上げた。研磨はザラツ研磨で、ひとつひとつに職人による匠の技が活かされています。

細分化されたパーツにあわせて耐衝撃構造も「マルチガードストラクチャー」として刷新されている。これは、多パーツ化されたベゼルに、T字バーと板バネを組み合わせた四隅のサスペンションパーツやシリコン緩衝体を組み込んで、ショックアブソーバーとして機能させる構造。

 

ケースバック

トップベゼルの素材には「COBARION」(コバリオン)を採用。純チタンの4倍の硬度でプラチナと同等の輝きを持つといわれるコバルトクロム合金で、プレス加工できないため、無垢材からの削り出しとなる。

バンドの素材は「DAT55G」で、こちらは純チタンの約3倍の硬度で加工性に優れるというチタン合金。ケース、裏蓋、ボタンは64チタン。

時計モジュールは、GMW-B5000のモジュールをベースに回路押さえ板に金メッキを施し電気抵抗値を低減した専用モジュールを搭載する。ディスプレイ部分の表面ガラスは反射防止コーティングが施されたサファイアガラス。

耐衝撃構造で20気圧防水。ソーラー発電で電波受信による時刻修正が可能。Bluetoothでスマートフォンと連携できる。ワールドタイム、1/100秒ストップウォッチ、タイマー、アラーム、フルオートLEDバックライトを備える。

G-SHOCKファンはもちろん、多くの時計マニアを唸らせるモデルです。
早い者勝ちですよ!

この商品に関するお問い合わせはこちら