腕時計のある生活

2022.4.22
G-SHOCK

MR-Gの初号機デザイン「MRG-B5000」

  • twitter

なかなか入荷しません!
予約をオススメ致します。

CASIO/MR-G
MRG-B5000シリーズ

初号機のスクエアデザインを取り入れた「MRG-B5000」。
MRG-B5000は、G-SHOCKの最高峰「MR-G」シリーズにラインナップされるモデルで、初号機でおなじみのスクエアデザインを採用。日本の誇る先端素材と匠の技を駆使した「MR-Gクオリティ」で製品化し、初号機・スクエアデザインの究極のモデルと位置づける。生産は山形カシオで行なわれる。

Ref:MRG-B5000B-1JR
価格:¥462,000(税込)
Ref:MRG-B5000D-1JR
価格:¥396,000(税込)

MRG-B5000はベゼル部分だけで25個のパーツに細分化。バンドも表面にあけた丸い穴に別体のピンを埋め込む構造を採用する。各パーツに磨きをかけてから組み上げ、凹部など研磨処理が難しい部分も歪みなく美しく仕上げた。研磨はザラツ研磨で、ひとつひとつに職人による匠の技が活かされています。

ベゼルの素材には「COBARION」(コバリオン)を採用。純チタンの4倍の硬度でプラチナと同等の輝きを持つといわれるコバルトクロム合金で、プレス加工できないため、無垢材からの削り出しとなる。

バンドの素材は「DAT55G」で、こちらは純チタンの約3倍の硬度で加工性に優れるというチタン合金。ただし腕時計に使われるのはほぼ初めてという素材で、カシオとして加工技術を確立する必要があるなど、チャレンジ精神を持って臨んだ素材となる。どちらの素材も日本で開発された高硬度合金で、強さと美しさを併せ持った外装に仕上げられている。ケース、裏蓋、ボタンは64チタン。

シルバーのモデルにはメタルの美しさを際立たせるチタンカーバイト処理が施される。ブラックのモデルにはDLC処理が施され、初号機の黒をメタルで表現するほか、ボタンや裏蓋はゴールドIPで仕上げた。ディスプレイ部分には初号機のアイデンティティでもあるレンガパターンとレッドラインを配している。

時計モジュールは、GMW-B5000のモジュールをベースに回路押さえ板に金メッキを施し電気抵抗値を低減した専用モジュールを搭載する。ディスプレイ部分の表面ガラスは反射防止コーティングが施されたサファイアガラス。

耐衝撃構造で20気圧防水。ソーラー発電で電波受信による時刻修正が可能。Bluetoothでスマートフォンと連携できる。ワールドタイム、1/100秒ストップウォッチ、タイマー、アラーム、フルオートLEDバックライトを備える。大きさは49.4×43.2×12.9mm、重さは約114g。

ぜひお問い合わせください。

この商品に関するお問い合わせはこちら