魅力いっぱいの時計宝石選び

2017.6.14

プラチナ

みなさん、こんにちは。久保です。
先日上野動物園のパンダ、シンシンが赤ちゃんを出産しましたね?
ワイドショーで飼育の難しさなど特集されているのを観て
感動しました(._.)
今後すくすくと成長して欲しいですね♡

今日は指輪の素材プラチナについてご紹介します。

日本のジュエリーは、プラチナを使ってるのが多くありますが、上品で洗練された美しい輝きと控えめでありながらダイヤモンドの輝きをより一層引き立ててくれるのがプラチナ。

プラチナは柔らかく粘る金属の為、100%のプラチナよりかは、少し他の金属を合成して強度を増した方が日常生活では使いやすいので、純度PT850~950のものをオススメしております。すぐに曲がったりしたら縁起悪そうですよね。
また、しなやかで伸縮性に富んでいる特性も高い為ダイヤモンドをしっかり留めることができ、緻密なデザインの表現が出来るのも特徴。

 

 

熱や酸に非常に強く、変色や変質がなく、婚約指輪や結婚指輪では、お二人の変わらない気持ちを表現しているともいわれています。
これからのともに一緒に歩む指輪、変わらず寄り添ってくれるリングにしたいですね。