魅力いっぱいの時計宝石選び

2018.1.19
ZENITH

エル・プリメロ

みなさん、こんにちは!久保です。
ここ最近春らしいぽかぽか陽気な日が続いていますが、来週は、大寒波がやってくる見たいですよ。
体調管理には、十分お気をつけ下さいね。

今日は、美貌の持ち主ゼニスのクロノマスターエル・プリメロオープンをご紹介します。

1965年にジョルジュ・ファーヴル=ジャコによって誕生し、小さなパーツの製造や仕上げ、品質検査を自社で行うマニュファクチュールにこだわりを持ち、創業時と同じ場所で今もゼニスの時計を作り続けています。
工房は、ユネスコの世界遺産にも登録されており、ゼニスの素晴らしい歴史が刻まれているんですね。

1969年に、エル・プリメロを発表したものクオーツショックにより、アメリカの企業に買収され、機械式時計の製造を止められ図面や部品を破棄するように命じられたが、当時の技術者シャルル・ベルモは、図面等を靴箱にしまい、工場の屋根裏に保管していましたが、数年後再びスイスの企業に買収され、ゼニスの美しい機械式時計を復活させたという素晴らしいストーリーが語り継がれています。

少し前置きが長くなりましたが、オープン仕様向けのムーブメントになっており、テンプ周りの地板がくり貫かれテンプの運動を腕にはめた状態でもテーブルや時計ケースに置いて眺めても楽しんで頂けます。

クロノグラフが搭載していますが、スッキリとしたイメージ。
まとまっており、バランスがとれていますね。
赤針の先端が☆が入っているのも可愛いと言っていいのかオシャレです♡

後ろもシースルーバックになってます。
ここにも、☆発見❕

シルバーの文字盤に革ベルトが合いますね♪
ガサツな性格な私でもエル・プリメロを手に取ると穏やかになります(笑)

限定1となっておりますので、気になる方は是非店頭でお確かめ下さい。

REF:03.2040.4061/69C496
価格:¥999,000円(税込)