次世代へつなぐ時計宝石ライフ

2018.10.4
ルアーフィッシング

気分リフレッシュの指宿最南端 ハガツオ&ヒラマサポイント調査

こんにちは。

昨日は店休日でございましたので、本日はルアーフィッシングネタ。

さて、カンパチもそろそろ見切りを付け・・・

湾奥ハガツオと鹿児島ショアヒラマサへシフトしようかと・・・

昨年の実績から湾奥ハガツオは9月末の大潮より近所の海へ入ってきたが今年はまだ・・・サゴシは入ってますがスルー。

湾口でも昨年と比べるとハガツオの水揚げも少ないですが、今回の台風24号と25号・・・さらにベイト、黒潮の状況で変わってくる可能性に期待。

近所の海は朝練で確認できるので、今回は気分をリフレッシュしたいので、指宿最南端から頴娃方面へハガツオ調査とヒラマサポイントの選定に行ってまいりました。

まずはこちらへ

久しぶりに来ましたが・・・やはり外海は最高。

 

ですが、最干潮前で潮も動かず・・・・

しかも水深は7m程でベイトの姿も見えず・・・回遊待ち。

いつも湾奥で水深が20m以上のポイントでやっているせいか、水深が浅いポイントはイメージが悪く、ヒットする気がしない・・・

何処かないだろうか?

ここで先に来られていた若い方にヒラマサの情報を教えて頂き

ここは早々に見切りをつけ、開聞岳の麓のサーフ・ゴロタ・地磯へ

超シャローのしもり周りが気になり、エギ投入。

この時期にしてはグッドサイズの700~800gのアオリ。

そして情報を頂いた開聞地磯へ・・・

前回、一度行きましたが帰りがきつい。

まずは地磯目掛けて、降りるのみ。

途中で海が見えだしテンションは上がるがまだ中盤。

雰囲気は良さそうだが

更に降りる

ここからロープを使ってさらに降りる

ようやく地磯

帰りのことはまったくこの時点では考えもせず、フィッシング開始。

ヒラマサの実績は僅かながらあるらしいが、やはりかなり確率は低いらしい。

ベイトの状態や潮の状況と通う必要がありそうですが、ここは正直帰りのことを考えると・・・

通う気が全くしない。

まあ今のところ指宿から頴娃方面でヒラマサの可能性はここしかないですが、次は枕崎方面も調査してみましょうかね~

ヒラマサは遠そうですな~

その後、適当にアオリ釣って終了。

開聞地磯・・・帰りは酸欠状態で本日体動かず。


精光堂鹿児島店
  • 10月17日(水)は店休日となっております。
    ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承くださいませ。