魅力いっぱいの時計宝石選び

2017.4.30

ダイヤモンド

みなさんこんにちは。くぼです。
今日も引っ切り無しにお客様がいらっしゃってます。この貴重な出会いに感謝ですね。

 

今日は、ダイヤモンドのグレードについて説明します。
ダイヤモンドのグレードは
カラット
カラー
クラリティー
カット
で評価されるんです。

カラットとは、ダイヤモンドの重さを表す単位のことなんです。
ちなみに1カラット0.2カラット。

次はカラー。ダイヤモンドのカラー評価となり、一般的には、純粋無色なものが高い評価となります。Dカラーから始まり、色味が入ることにE~Sといった評価がされます。

続いて、クラリティー。専門家が10倍に拡大して検査し、インクルージョンという内包物を確認し、大きさや数などを総合的に判断して、明澄度の評価をします。
クラリティーの評価は、再評価FL(フローレス)から始まり11段階に分類します。

 

最後にカット。ダイヤモンドのプロポーションと研磨の仕上げを基に総合評価。
最高評価のエクセレントから始まり、プアーの5段階に格付けされます。

ちなみにお店には、カラー・クラリティー・カットの最高評価のものがありますよ。与次郎ではたくさんのダイヤモンドジュエリーに囲まれてワクワクします。
是非店頭でご覧ください。

カラー・クラリティー・カットが最高評価のリング