魅力いっぱいの時計宝石選び

2017.5.4

ダイヤモンドの形状

みなさん、こんにちは。くぼです。
ゴールデンウィークの後半に入り、ご家族連れも多くなりましたね。

今日は、ダイヤモンドの形についてご紹介したいと思います。ダイヤモンドをカットする職人さんは、原石から最適な美しさを引き出すために必要な形や面の取り方、立体的な枠組みなどを決定します。
まずはラウンド・ブリリアント・カット。58面体にカットされた最も代表的なダイヤモンドのカット。宝石の輝きを最大限に生かすよう計算されています。

代表的なラウンドブリリアントカット

次にオーバルカット。ブリリアンカットを基本として58面体に楕円形にカットされたものです。ブリリアンカットを基本とし、四角にカットされるためゴージャスなデザイン。

続いてペアシェイプ涙型の形。洋梨の形に似ていることからペアシェイプと名付けられるようになりました。

 

ハートシェイプ型。そのままでハートの形をしています。あまりないデザインですが若い女性は特に好きなデザインですよね。

ダイヤモンドのクラリティーも大切ですが、何よりもデザインを重視される方も多いのではないでしょうか。

洋梨の形が由来とされるペアシェイプ
女性らしさが秀でるハートシェイプ