次世代へつなぐ時計宝石ライフ

2017.11.9
ルアーフィッシング

Langun tour ~南薩摩/頴娃編②~

開聞岳は本日は雲に隠れて見えません

こんにちは。
昨日は店休日でございました。

休日明けはルアーフィッシングネタでございます。

さて前回の
Langun tour ~南薩摩/頴娃編~

パート①はこちら

に続き今週も行ってまいりました。

一度行くと病みつきになるほど魅力の詰まった海ですよ・・・・ここ頴娃は。

釣れる、釣れないに関係なく、気持ちが良いこの頴娃!

豊かな自然が維持されている最高のポイントですね。

このようなポイントは出来るだけ「次世代に継承していきたい」そういう場所ですね。

さて、本日第二回目はどうだったでしょうか?

今回はポイントを一か所に絞り、奴の回遊を待つ!

先週は最干潮から上げ潮を狙っていた時、沖の300m先に潮目発生・・・

40分後に射程距離に入ったら突然20cm程のベイトが逃げ回っている。

専務がキャストすると強烈な引き込みで100m程持っていかれ・・・フックアウト!

フッキングが甘かったかな?

これがありましたので、同じポイントで挑みます。

本日は中潮で満潮9:55。

AM5:50分からまだ暗いですがキャスト開始!

今回のタックルも前回と同じで

ロッドはショアガン・エボルブ992

リールはシマノのステラ4000HG

PE1.5号にリーダー50lbです。

ルアーはJIGPARA40gとSAMURAI JIGU40gをメインに投入。

天気は雨で少し難しい環境か?

まずは暗闇でゼブラグローを投入・・・

何が来るか解らないからやめられない外海の地磯。

ネイゴクラスはどうって事ないですが、何かが回遊しているこの近辺。

キャストを繰り返しながら海面をチェック!

沖のナブラを探します。

3投目

40cmアップのデカカマス

大き目のカマスさんがヒット!

更に追加して・・・

その後バイトはあるが乗せきらず・・・・

そして奴がまたもや専務にヒット!

専務は60gのジグを今回もセレクト!

しかしながらフッキングがあまく左に走られフックアウト!

正体はまたもや不明・・・

なかなかお目にかかれないデカイ奴・・・・

そうこうしてると・・・スマガツオ(チビですが)

前回は快晴で手前に5cm程のベイトがかなり入っておりましたが、本日は確認できません・・・・ネイゴさんはお留守かな。

かなり雨も降り厳しい環境ですが・・・

とりあえず今日はこの子が最大!

何カツオ?か分からず、近所のかめやのI君に画像をライン・・・

この子はヒラソウダガツオらしい・・・

帰って調べたらカツオも結構種類が多いのですね。

午後から新規開拓地を求めて色々行きましたが地磯で水深20m以上はまだ見つからず・・・・

誰か知りませんかね~

しかし今回も私にはデカイ奴はヒットしない・・・

やはり40gでは厳しく60gキャスト対応ロッドが必要ですな~。

最終PM16:00の潮止りまで10時間ほどキャストして終了。

次に期待ですね・・・・

12月に向けてこちらもどうぞ・・・

はじめての機械式腕時計

コストパフォーマンスに優れた「機械式」腕時計を展開するブランド4選

時計好きが憧れる「機械式」腕時計。ただ高級というイメージの強いため、なかなか手を伸ばせずにいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回の特集で紹介するのは、コストパフォーマンスに優れた「機械式」腕時計を展開するブランド。はじめての1本にぴったりのおすすめモデルを紹介します。

詳しくはこちらから